健康診断の前日に喫煙はしない方が良い!?

健康診断前の写真

健康診断では血液検査や尿検査を行うので、健康診断の前日21:00~22:00以降は食事を摂らないように制限をされます。

なぜ血液検査や尿検査で食べ物を食べてはいけないのかというと、血液検査や尿検査では早朝の空腹時に行うことでより性格な数値が出るというのが理由のようです。

ちなみに、原則として絶食・絶水が求められることが多いですが、多少の水を飲むくらいでは問題ないと言われています。

ただし全く影響がないともいいきれないので、なるべくであれば摂取しないようにしておくことが望ましいです。

特に糖分やカフェインを含んでいる飲み物は摂取しないようにしましょう。

ところで少し疑問に思ったのですが、健康診断の前日にタバコを吸っても問題ないのでしょうか?

健康診断の前日は喫煙を控えた方が良い?

あまり健康診断で喫煙について制限されたことはないですが、理想は前日は喫煙をしない方が良いみたいです。

タバコを吸うことでニコチンの作用によって血管を収縮させたり、ビタミンDの生成抑制やカルシウムの吸収率を低下させたり等検査結果に悪い影響を与える可能性が考えられます。

もし前日喫煙してしまった場合でも、当日だけは禁煙するように心がけましょう。

年に1回の検診で少しの我慢が出来ずに正確な数値が出ないというのは非常にもったいないです。

最後に

秋から冬にかけて健康診断が多く行われるになります。

正確な数値を出すため、なるべく食事は21:00までに済ましておき、タバコも吸わないようにしておきましょう!

SNSでもご購読できます。