肌着を着るだけで消費カロリーや心拍数が測定できる-グンゼとNECが開発

グンゼ肌着

最近ではいろいろなものが電子化してきており、技術の進歩も日々進化しています。

男性用のインナーを主に制作しているグンゼとNECが、着るだけで消費カロリーや心拍数、姿勢を測定することが可能という未来的なインナーを開発しました。

20071124174424

どのようにして肌着を着るだけで消費カロリーや心拍数を測定するのかというと、グンゼが開発した肌着と、NEC製の胸のところに設置された小さい端末がデータを取得してスマートフォンへと転送するというものらしいです。

そして取得したデータは専用のアプリで確認出来、スポーツクラブ等と共有して活用することもできるそうです。

G_N_02

そんな電子機器が埋め込まれた肌着なんて着心地が悪いんじゃないだろうかと心配になりますが、伸縮性や通気性は変わらないということなので着心地については問題なさそうです。

「でも、洗濯するときはどうすればいいの?」

という疑問が湧いてきますが、通常の肌着と同様に洗濯することが可能だそうなのでその点についても大丈夫そうです。

洗濯しても大丈夫なくらいなので、汗で濡れても雨が降っても問題なさそうです。

まだ実用化の目処はたっていないようですが、いつ頃一般的に販売されるのでしょうか?。

そしてもうひとつ気になるのが値段ですが、価格は一体いくらくらいになるのでしょうか?

グンゼの一般的な肌着で2,000円前後なので、少なくともそれ以上にはなりそうですが・・・。

最後に

それにしても技術の進歩はスゴいですね。

ただ服を着ているだけで消費カロリーや心拍数が測定出来る時代が来るなんて思ってもいませんでした。

そのうち服を着ているだけでガンや血管の病気等を発見できる時代が来るかもしれません。

SNSでもご購読できます。