ガン検診は人間ドックかPETのどちらが良いの!?

PET検診

最近よく芸能人がガンを告白したり、ガンで亡くなったというニュースを聞きますね。

このようなニュースが流れてくると、普段あまり意識しなくても「自分もガンになっているんじゃないのか?」と心配になったりする人も多いのではないでしょうか。

特に、ガンは自覚症状がなくても既に発症ている場合があり、自覚症状が出てからでは手遅れになっていたということも珍しくはありません。

ガンは早期発見が非常に大事で、早期発見であれば90%以上の人がガンを克服しているので早期発見のためには定期的にガン検診を受けるのが大事です。

でも、「何もないのにがん検診に行くのも・・・」という方や「もしガンになっていたらどうしよう・・・」と思ってなかなか足が向かない方も多いと思います。

ちなみに会社の健康診断はガンの検診ではありませんので、健康診断で何も問題がなくても「ガンがない」というわけではありませんのでガンの検査をするのであれば、ガン専門の検診を受けるようにしましょう!

ガン検診は何がオススメ!?

Cancer-Center-Pet-Scan-640x390

一般的に検診というと「人間ドック」が思い浮かびますが、ガンの検診であれば「人間ドック+PET検診」がオススメです。

値段は若干高くなってしまいますが、PET検診は小さいガンも発見できるのが特徴で、苦痛もなく一度に全身を調べることができます。

ただし、PET検診も万能というわけではないので、CTや内視鏡検査などと一緒に検査を行うとより確実です。



PET検診ではガンの早期発見が出来るので、自覚症状がなくてもある程度の年齢になったら1年に1回くらいは検診を受けた方が良いかもしれませんね。

最近では若い人でもガンになる人が多く、また若い人ほどガンの進行が早いということも知られています。

30歳を過ぎたころから意識してガン検診を受けてみるのも良いと思います。

ガン検診の費用は!?

colon_relapse_pet_bmc_1007

ガン検診を受けるには費用はどの程度必要なのでしょうか?

一般的にPET検診の料金は10万円前後というところが多いようです。

決して安くはないですが、これでガンの予防や早期発見が出来ると考えれば高すぎるというわけでもないですね。

ちなみにPETは「早期胃がんを除く全ての悪性腫瘍」に対して健康保険の適用が認められているので、例えばサラリーマンであれば3割負担の3万円で受けることが出来ます。

ただし、PETで保険が適用されるには以下の条件が必要となっています。

●悪性腫瘍(早期胃癌を除き、悪性リンパ腫を含む)
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者

●てんかん
難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者

●心疾患
虚血性心疾患による心不全患者における心筋組織のバイアビリティ診断(他の検査で判断のつかない場合に限る)又は心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者

最後に

やはり人間にとって健康であるということは非常に大事なことです。

いくらお金があっても、名声があっても健康でなければ意味がありません。

逆に言えばお金がなくても、健康で長生き出来れば幸せなのです。

ガンは日本人の2人に1人がなると言われており、さらに3人のうち1人が死亡すると言われている恐ろしい病気です。

同時にガンは早期発見で生存率が大幅に上昇する病気でもあるので、余裕があるのであれば1年に1回くらいは検診を受けてみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。