血管の病気

【長命草】食べると寿命が延びる神の草の健康効果とは?

長命草

長命草(チョウメイソウ)(和名:ボタンボウフウ)という植物をご存知でしょうか。

長命草とは文字通り摂取すると長生きすると言われているセリ科の植物で、「1株食べると、1日寿命が延びる」と言い伝えられています。

奇跡の植物とも言われる長命草は沖縄県等の気候が暖かい地域に多く存在しており、特に与那国島にはたくさん自生しているそうです。

長命草の栄養と効果

なぜ長命草は、「1株食べると、1日寿命が延びる」と言われているのかというと、長命草に含まれている成分にその答えがあります。

長命草にはミネラル、ビタミンC・ビタミンE、カロチンが豊富に含まれており、非常に高い抗酸化作用があります。

抗酸化作用は老化や生活習慣病を引き起こす原因となる活性酵素を体内から取り除いてくれる作用があります。

さらに、活性酵素は細胞を酸化させてサビつかせてしまうことで肌へのダメージを与えシミやソバカスを生み出します。

また、長命草には食物繊維がキャベツの5倍、鉄分はプルーンの6倍、カルシウムは牛乳の4倍、ポリフェノールはゴーヤの8倍もあり、栄養成分が他の食材の栄養成分をはるかに超えています。

それだけでなく、必須アミノ酸はもちろん生命を維持するのに必要なアミノ酸20種全てが含まれています。

そのほかにも血流を改善して血管の病気や脳梗塞を予防したり、リウマチや風邪にも効果があると言われています。




長命草はどうやって食べるの!?

長命草はどのようにして食べればよいのでしょうか?

沖縄では刺身のツマに千切りにして食べられたりしているそうですが、長命草の味は苦く、香りも独特で強烈なので生で食べるのはおすすめできません。

また長命草は一般的には出回っていないので、通販等で販売されている長命草のタブレットやドリンク等を使用するのが良いでしょう。

最後に

チョウメイソウはたった1枚食べるだけで1日寿命が延びるといわれる、栄養成分を非常に高く含んだ植物で健康に良い植物です。

沖縄県に多く自生していて、長寿の人が沖縄に多いのもチョウメイソウが一役買っているのかもしれません。

わずかな量でたくさんの栄養成分を摂取できるので、野菜不足の方は一度試してみても良いのではないでしょうか。

阿藤快から学ぶ動脈破裂の原因と予防

阿藤快の死因

11月15日「なんだかなぁ」でおなじみの阿藤快さんが急死したというニュースが入ってきました。。

しかも11月14日が誕生日で、69歳になったばかりだったそうです。

特に病気で体調が悪かったということもなく、つい最近までテレビや舞台で活躍されていたので本当にびっくりしてしまいました。

あまりに急だったので最初は自殺かとも思ったのですが、死因は病死のようです。

それにしても阿藤快さんの死因は何だったのでしょうか?

阿藤快の死因は?

top_img

阿藤快さんは9月の上旬くらいから共演者に「背中が痛い」と打ち明けていたそうです。

何度もマッサージをしたり病院にいって薬をもらったりして10月末の舞台では調子が良くなってきたということですが、残念ながら11月15日に突然亡くなってしまいました。

死因は「大動脈破裂胸腔内出血」ということが明らかになっています。

大動脈破裂胸腔内出血とは、動脈が破裂して胸腔に血液が流れ込んだ状態になる病気のことです。

もし動脈が破裂して胸腔に血液が流れ込んでしまうとほぼ即死状態になってしまいます。

また、大動脈は最も太い血管で、大動脈が膨らんだ状態を大動脈瘤といいます。

動脈瘤が破裂すると強烈な痛みとともに胸腔に出血が流れ込んで即死状態となってしまうのですが、阿藤快さんの場合はまだ詳しくは分かっていませんが老化した動脈が破裂したことが原因だといわれています。

また、動脈が破裂する原因として、動脈硬化も考えられます。

動脈硬化になると血管がもろくなり破れやすくなるのでひょっとすると動脈硬化症になっていたということも考えられます。




大動脈破裂胸腔内出血を予防するには?

大動脈破裂胸腔内出血を予防するにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、高齢者(60歳以上)が背中の痛みを感じたら自分で大丈夫だと判断せずになるべく早く内科等を受診して医師の診察を受けるようにしましょう。

「背中が痛い」というのは動脈に異変が起こっている可能性が高いそうです。

また、大動脈破裂の原因ともなる動脈硬化は喫煙歴が長ければ長いほどリスクが高くなることが分かっています。

阿藤快さんもタバコが好きで愛煙家として知られていましたが、タバコを吸っていなければ今も元気でテレビに出演していたかもしれません。

そして、予防としては血液をサラサラにすることが大切です。

血液がサラサラの状態だと、動脈破裂だけでなく脳卒中や脳梗塞等も予防することができます。

普段から運動をしたり、ストレスを溜めないようにしたり、健康的な食事を食べたりとなるべく血管に負担をかけないようにしましょう。

最後に

動脈硬化症や動脈破裂といった病気はほとんど高齢者がなることが多いのですが、若い人でも注意する必要があります。

普段の生活習慣でリスクを大幅に軽減することが可能です。

不安のある方は毎日少しずつでも良いので意識してみてはいかがでしょうか?