加工肉と発がん性!加工肉や赤身肉を食べると大腸がんになる!?

加工肉

先日WHOが加工肉と大腸がんとの関連について発表したことが話題になりました。

WHOによると、加工肉の摂取で裕福な国の主要な死亡原因である大腸がんを引き起こす可能性があるということです。

報告では50グラム程度の加工肉を毎日食べると、大腸がんになるリスクが18%上昇するということです。

また、まだ詳しくは明らかにされていませんが、赤身肉にも発がん性があるということも同時に発表されたみたいです。

加工肉といえばソーセージやハム、ベーコン、ビーフジャーキー等欧米ほどではないですが、日本でもたくさん食べられています。

そして赤身のお肉にも発がん性物質が含まれている可能性があるということは、ほとんどお肉が食べられなくなるということですよね。

ちなみに加工肉の定義は「保存期間を延ばすために味や消費期限を延ばす加工処理を施した肉」のことであり、保存料等を加えたもののことです。

なので、ハンバーグ等は加工肉には該当しないということになります。

下の図はWHOが分類した赤肉と加工肉の分類表です。

肉

1~4までの数字がありますが、数字が小さいほどリスクが高いとうことを表しています。

1 = 発がん性あり

2a = おそらく発がん性あり(可能性大)

2b = たぶん発がん性あり(可能性小)

3 = 発がん性ありとは分類できない

4= おそらく発がん性なし

この表を見ると、「ソーセージやホットドッグ」、「ベーコン」、「サラミ」は最もリスクが高く、豚肉、牛肉、ラム肉の赤身肉が次いでリスクが高いことが分かります。

ただし、日本人が平均的に食べている程度の加工肉であればがんの発生にはほとんど影響がないそうでなので特に意識して加工肉の摂取を減らすという必要もなさそうです。

最後に

私たちが日常的に食べている加工肉やお肉の赤身に発がん性物質が含まれているというニュースは衝撃的ですよね。

摂取する肉の量や体質によっても変わってくるとは思いますが、これから世界の食生活も変わってくるかもしれません。

ところで、欧米人はあまり食べないので調べられていないのかもしれませんが、日本人が昔から食べているクジラ肉の赤身にも発がん性物質は含まれているのでしょうか?

ガン検診は人間ドックかPETのどちらが良いの!?

PET検診

最近よく芸能人がガンを告白したり、ガンで亡くなったというニュースを聞きますね。

このようなニュースが流れてくると、普段あまり意識しなくても「自分もガンになっているんじゃないのか?」と心配になったりする人も多いのではないでしょうか。

特に、ガンは自覚症状がなくても既に発症ている場合があり、自覚症状が出てからでは手遅れになっていたということも珍しくはありません。

ガンは早期発見が非常に大事で、早期発見であれば90%以上の人がガンを克服しているので早期発見のためには定期的にガン検診を受けるのが大事です。

でも、「何もないのにがん検診に行くのも・・・」という方や「もしガンになっていたらどうしよう・・・」と思ってなかなか足が向かない方も多いと思います。

ちなみに会社の健康診断はガンの検診ではありませんので、健康診断で何も問題がなくても「ガンがない」というわけではありませんのでガンの検査をするのであれば、ガン専門の検診を受けるようにしましょう!

ガン検診は何がオススメ!?

Cancer-Center-Pet-Scan-640x390

一般的に検診というと「人間ドック」が思い浮かびますが、ガンの検診であれば「人間ドック+PET検診」がオススメです。

値段は若干高くなってしまいますが、PET検診は小さいガンも発見できるのが特徴で、苦痛もなく一度に全身を調べることができます。

ただし、PET検診も万能というわけではないので、CTや内視鏡検査などと一緒に検査を行うとより確実です。



PET検診ではガンの早期発見が出来るので、自覚症状がなくてもある程度の年齢になったら1年に1回くらいは検診を受けた方が良いかもしれませんね。

最近では若い人でもガンになる人が多く、また若い人ほどガンの進行が早いということも知られています。

30歳を過ぎたころから意識してガン検診を受けてみるのも良いと思います。

ガン検診の費用は!?

colon_relapse_pet_bmc_1007

ガン検診を受けるには費用はどの程度必要なのでしょうか?

一般的にPET検診の料金は10万円前後というところが多いようです。

決して安くはないですが、これでガンの予防や早期発見が出来ると考えれば高すぎるというわけでもないですね。

ちなみにPETは「早期胃がんを除く全ての悪性腫瘍」に対して健康保険の適用が認められているので、例えばサラリーマンであれば3割負担の3万円で受けることが出来ます。

ただし、PETで保険が適用されるには以下の条件が必要となっています。

●悪性腫瘍(早期胃癌を除き、悪性リンパ腫を含む)
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者

●てんかん
難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者

●心疾患
虚血性心疾患による心不全患者における心筋組織のバイアビリティ診断(他の検査で判断のつかない場合に限る)又は心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者

最後に

やはり人間にとって健康であるということは非常に大事なことです。

いくらお金があっても、名声があっても健康でなければ意味がありません。

逆に言えばお金がなくても、健康で長生き出来れば幸せなのです。

ガンは日本人の2人に1人がなると言われており、さらに3人のうち1人が死亡すると言われている恐ろしい病気です。

同時にガンは早期発見で生存率が大幅に上昇する病気でもあるので、余裕があるのであれば1年に1回くらいは検診を受けてみてはいかがでしょうか?

【象は癌にならない!?】何故ゾウは癌になるリスクが人間よりも低いのか?

象とガンリスク

日本人の死亡原因で最も多いのは言わずと知れた「癌」による死亡です。

恐ろしいことに日本人の約30%が癌で死亡しているのです。

ということはつまり、日本人10人のうち3人が癌で死亡していることになります。

学校で30人クラスの場合、9人もの人が癌になって死亡するということです。

こうやって考えると、癌がいかに人間にとって恐ろしい病気であるかが分かりますよね。

逆に言うと、この癌という忌まわしい病気がなければ死亡率が30%減少して人間の寿命が遥かに伸びることになります!

しかし残念ながら医療技術は年々発達してきているのですが、癌を根絶する薬や治療法は未だに確立されていません。

高齢化に伴い癌による死亡率が増加しているというのが現状です。

ところで、人間以外の他の動物も癌になるのでしょうか?

象は何故癌になるリスクが低いのか?

lgf01a201308012200

10月8日に発表されたアメリカの研究で、象はガンになるリスクが人間に比べて遥かに低いことが発表されました。

なぜ像が癌になるリスクが低いのかというと、癌を形成する「p53遺伝子」という癌抑制遺伝子が関係しているようです。

このP53遺伝子は癌を抑制する機能をもつ遺伝子のことで、象はP53を人間の20倍持っていることが発見されたのです。

研究によると、象は人間よりも細胞が多いので普通であれば癌になるリスクが人間よりもはるかに高くなるはずなのに、癌で死亡する象の数が低かったのがずっと謎だったようです。

それが今回象には生まれつきP53が多く備わっているということが分かって、長年の謎が解けたようです。

残念ながら像には生まれつき備わっている機能なので人間がP53を増やすことが出来るかどうかは分からないですが、研究チームはこの結果から新たに抗がん剤治療を開発できるかもしれないと考えているようです。

もし癌の治療薬で脂肪率が大幅に減少することになったら、ノーベル賞以上の発明になりますね!

いつか癌の死亡率が不動の1位から落とされる日がやってくるのでしょうか?

今後の研究結果に期待ですね!!