健康によい食べ物・飲み物

【グリーンスムージーと健康】グリーンスムージーは身体に良いだけでなく、ダイエットにも効果的!

グリーンスムージー

みなさん野菜は十分に摂取出来ていますか?

厚生労働省によると、野菜は「1食1皿以上・1日5皿分」摂取することが目標とされています。

具体的にどれくらいの野菜を摂取する必要があるのかというと、「1日350g」以上の野菜を食べることが目標とされています。

でも、350gといっても実際どれくらいの量になるのかあまりイメージが湧きませんよね。

それでは350gの野菜の量を実際に見てみましょう。

0000000573_0000011914

いかがでしょうか?

実際に写真で見てみると結構ボリュームがありますよね。

この野菜の量を毎日1日で摂取するのはなかなか大変です。

「あくまでも目標だから食べなければ良いんじゃない?」

というのは間違いで、なぜ厚生労働省がわざわざ基準を決めて野菜の摂取量を決めているのかというと、人間の身体は野菜が不足するとビタミンが不足しさまざまな病気にかかりやすくなってしまうからなのです。

各種ビタミンが不足すると、「目が疲れる」、「免疫力が低下して病気になりやすくなる」、「骨が弱くなる」、等さまざまな病気を引き起こしやすくなります。

また、野菜の摂取が癌の予防に効果があるという研究結果も出ています。

それにしても、1日350gの野菜を毎日摂取するのって大変ですよね。

しかも野菜は加熱してしまうとビタミン等の水溶性の栄養が流れ出てしまうので、生で食べるのが最も健康に良いのですが生で350gの野菜を食べるのはもっと大変です。

特に一人暮らしの人や野菜嫌いの子供だと特に難しいでしょう。

そこで、最近では様々なサプリや野菜ジュースが販売されていますが今回はその中でも「グリーンスムージー」について紹介したいと思います。

グリーンスムージーとは!?

スムージー

そもそもスムージーとはどういうものかというと、スムージーとは果物や野菜をミキサーで細かくしてシャーベット状にした飲み物のことです。

野菜の種類を変えることでいろいろな種類のスムージーを作ることができます。

そして、スムージーの中でも「グリーンスムージー」というのは、葉菜類(緑色の野菜)と果物と水を混ぜて作られたスムージーのことです。

葉菜類といのは下記のような種類の野菜のことです。

グリーンスムージ

これらの野菜をフルーツと水でミキサーにかけて飲みやすくすることで、野菜嫌いの方でも大量の野菜をおいしく摂取することが出来ます。

グリーンスムージーの作り方はいろいろあるので、自分に味覚に合ったおいしいグリーンスムージーを作ることが出来るのも特徴です。

しかし自分でグリーンスムージーを作るとなると、野菜を買ってきてミキサーでシャーベット状にして・・・となかなか手間がかかります。

そこで今ではスムージーセットや簡単に作れるセットがたくさん販売されているので、そいういうのを使ってみるのも良いですね。

ちなみに、今一番流行っているのは「ミネラル酵素グリーンスムージー」という、200種類の野菜とさらにミネラルや酵素まで入っている海外でも大人気のスムージーのようです。



他にもいろいろなものが販売されているので、自分に合ったグリーンスムージーを見つけてみてください!

グリーンスムージーはダイエットにも効果的!?

shutterstock_111768770

グリーンスムージーは体に良いだけではなく、ダイエットにも効果があると言われています。

それが「グリーンスムージーダイエット」と呼ばれているもので、特に女性はダイエット目的でグリーンスムージーを飲んでいる人も多いようです。

モデルや女優も取り入れている、今流行りの体に優しいダイエットです。

また、美容にも良く便秘も解消する効果があるので特に女性にとってはいいことだらけです。

グリーンスムージーのダイエット法

最も効果的と言われているのは「置き換えダイエット」というもので、3食のうち1食をグリーンスムージーに置き換えるダイエットです。

もちろんグリーンスムージー自体にもカロリーはありますが(約100~150kcal)、普通に食事をとることを考えると大幅にカロリー制限ができます。

人にもよりますが、1食をグリーンスムージーに置き換えるだけで1回の食事量のカロリー(約600kcal)を減らすことが出来るので、カロリーだけで考えるとランニングを50分行ったのと同じくらいのカロリーを制限できるのです。

また置き換えなくても、食事の40分前に飲むことで満腹感が増して食事量が減ることでダイエットをするという方法もあるようです。

いずれにしても、急激に食事量を減らしてダイエットをすると必ずと言っても良いほどリバウンドしてしまうので時間をかけてゆっくりとダイエットするように心がけましょう!

最後に

健康にも、美容にも、ダイエットにも効果的なグリーンスムージー。

現在特に若い人で野菜の摂取不足が指摘されています。

野菜不足の方、きれいに健康になりたい方は生活の中にグリーンスムージーを取り入れてみては如何でしょうか?

【コーヒーの効果】コーヒーを飲むと癌が予防できて、ダイエットも出来る!?

コーヒーと健康

コーヒーと健康

コーヒーは世界各国で飲まれている飲み物で、日本にも数多くのコーヒー専門店があります。

インスタントコーヒーであれば自宅でも気軽に飲むことができ、職場でも気軽に飲むことが出来るので現在人の多くの人がコーヒーを飲んでいます。

また、コーヒーはダイエット効果があるとか、コーヒーを飲むと癌の予防になるとかいろいろ健康に関する体に良い影響があるという情報もありますが、実施はどうなのでしょうか?

そこで本日は、コーヒーと健康について紹介していきたいと思います。

コーヒーを飲むと体にどのような良い効果があって、どのような悪い効果があるのでしょうか?

コーヒーの種類とコーヒーに含まれる成分

Coffeebeanstop

みなさんご存知の通り、私たちが普段飲んでいるコーヒーというのはコーヒー豆を挽いて抽出することで出来上がります。

また、コーヒー豆には200種類以上の種類があるといわれており、それぞれの豆で香りや味が異なります。

それでは、コーヒー豆にはどのような成分が含まれているのでしょうか?

実はコーヒーは焙煎する前の「生豆」と焙煎後の「焙煎豆」で成分が異なります。

そもそもコーヒーは生豆の状態では私たちが普段楽しんでいるあの香ばしいコーヒーの良い香りはせず、色も青っぽく青臭いニオイがします。

生豆を焙煎することで成分が化学変化を起こすことで、あのコーヒーの香ばしい風味が出てくるのです。

img10115007953

生豆の成分は焙煎豆と比較して「多糖類」が占める割合が多く、「タンパク質」と「脂質」の割合が低くなります。

カフェインは焙煎してもあまり変化はありませんが、その他の成分はほとんど変化を示しています。

コーヒー成分

引用:全日本コーヒー協会

おそらく、ほとんどの方はコーヒーの成分といえば「カフェイン」と連想すると思いますが、実はいろいろな成分がたくさん含まれていますね。

ちなみに、ある情報筋ではコーヒーには1,000種類もの成分が含まれていると紹介されていました。

あんな小さい豆に1,000種類の成分が含まれているなんて驚きですね!

コーヒーの健康効果

それでは、コーヒーを飲むと健康にどのような影響があるのでしょうか?

コーヒーとがん予防

coffee

コーヒーにはがんを予防する効果があると言われています。

コーヒーの摂取と死亡率について調査した研究では、コーヒーをほとんど飲まない人と比較した場合、1日3~4杯のコーヒーを飲む人では死亡率が24%低いとの結果が出ています。

また、コーヒーを飲めば飲むほどそのリスクが低くなるという統計が出ているようです。

ある研究によると、コーヒーを毎日飲む人たちの肺がんリスクは、ほとんど飲まない人たちの約半分であり、1日5杯以上飲む人たちではほとんど飲まない人たちと比較すると約4分の1になるという結果が出ているようです。

なぜコーヒーを飲むと肺がんのリスクが低くなるのかということは解明されていないようですが、実際に結果が出ているようなので飲まないよりは飲んだ方が良いですね。

他にも、コーヒーの摂取で肝臓がんのリスクが減少するという研究もあるようです。

コーヒーを飲むと脂肪が燃焼する!?

e79a8b68859b5b5c0654600e799cb1d3

コーヒーを飲んでダイエットをする「コーヒーダイエット」というものがあります。

なぜコーヒーを飲むと痩せるのかというと、コーヒーには「クロロゲン酸」と呼ばれる成分が含まれています。

クロロゲン酸というとあまり馴染みがないですが、クロロゲン酸はポリフェノールの一種でコーヒーの香りや基になっている成分です。

ご存知の方も多いとおもいますが、ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり脂肪を燃焼したり血液をサラサラにする効果があります。

さらにコーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインにも脂肪を燃焼する効果があるといわれています。

このことから、コーヒーを飲むと脂肪を燃焼でき、ダイエットになるというわけです。

ただし、言うまでもなくコーヒー自体はほぼノーカロリーですが、砂糖やミルクを入れるとカロリーが高くなるのでコーヒーダイエットをしたい方はブラックで飲むようにした方が良いですね。

最後に

コーヒーにはほかにもいろいろな健康効果があるようなので、なるべく毎日飲むのがよさそうです。

ただし、コーヒーも飲みすぎるとカフェイン中毒になったり、覚醒しすぎて不眠症になったりということもあるようです。

飲んでも1日1~3杯くらいにするようにしましょう!

そういえば、コーヒーには脱臭や消臭効果もあるので抽出が終わったコーヒーのかすは脱臭剤としても使用されたりしているそうです!

コーヒーの力はスゴイですね!!